FC2ブログ

役立つ情報商材案内所

情報起業、アフィリエイト、ネットビジネス、アクセスアップ、ゴルフ上達法、健康法、ダイエット法、美容法、アダルト・恋愛・コミュニケーションなどの役に立つ情報商材の最新ランキングを紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Googleマップストリートビュー

グーグルは5日、「Googleマップ」に地上から見た道路の風景を表示する「ストリートビュー」機能を追加した。現時点では、東京、大阪、仙台、札幌、函館の近郊がストリートビュー表示に対応している。


札幌
これは札幌に転勤していたときに住んでいたマンションです。
18年経つけど変ってないです。


ストリートビューは、自分が道路に立っている状態で風景を360度表示できる機能。Googleマップ上の「ストリートビュー」ボタンを押すと、対応している道路が青く縁取られて表示される。

ストリートビューに対応している地点では、現在地に人の形をしたアイコンが表示され、このアイコンをクリックすると風景画像がGoogleマップ上に表示される。風景画像の道路上には矢印のアイコンが表示され、アイコンをクリックすることで道路を進むことができる。また、回転や拡大表示にも対応し、道路脇の建物などを見ることができる。

ストリートビュー機能は、2007年5月に米国の一部都市から対応を開始。Google EarthおよびGoogle Mapsチームの公式ブログによれば、日本とオーストラリアで今回対応を開始したとしている。

なかなか面白いソフトです。
でもプライバシーの問題がないのか。



原油価格を下げる方策

異常に高騰した原油価格は消費国は当然、産油国にも悪影響があります。


商品、サービス(例えば航空料金のサーチャージ)への転嫁が起きます。
特に食料品や飼料の高騰は、消費者物価の上昇になり、消費の低下になります。


原油価格の高騰の原因は需給の逼迫ではなく、投機マネーの流入です。
株式、債券市場からマネーが原油、穀物、金などの先物市場に流入しています。
先物市場は株式市場に比べ規模が小さいので少しの資金流入で大きく値上がりします。


そこで原油価格を下げる方策です。

例えば米国の政府が原油の先物市場で売り玉を立てることです。
これで膨らんだバブリーな価格は需給ベースに寄り添っていくでしょう。
決済期日が到来したら備蓄を取り崩せばいいのです。


もうひとつは、ドル高介入です。
米国、EU、日本がドル買いの協調介入です。
ドル高になりNYSEの株価が上がり、原油は下がります。


先物市場から株式市場へマネーが移動します。


ここまできたら荒療法しかないでしょう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。